筋肉質にならない足ダイエットの方法とは?

足ダイエットを行う際に、ランニングや踏み台昇降などを行うと筋肉質になりやすいです。

 

筋肉質にならない足ダイエットの方法としては、ランニングの場合は、上り坂や下り坂などの抵抗がない、平坦な道を長めの距離でゆっくりと走ります。
ウォーキングの場合は、ランニングと同じように抵抗のない場所で長時間行うことが大切です。

 

ウォーキングを行う場合には、姿勢を正して、脚の付け根から歩くようにすることでより効果があります。

 

短い距離を全力で走ったり、速い速度でランニングを行うとふくらはぎに筋肉がつきやすくなります。
足に抵抗や負担をかける運動は、筋肉がつきやすくなるため、ランニングマシーンなどで抵抗をつけて走ると筋肉がつきやすくなります。

 

また、水泳は、バランスの良い筋肉を負荷をかけずにつけることができるため、健康的に足を細くすることができます。
水泳を行う場合には、手足を大きく動かし、長時間ゆっくりと泳ぎ続ける方法の方が効果的です。

 

ストレッチをすることで、固くなった筋肉を伸ばし、足を細くすることができます。
壁を使う場合には、両手を壁につけ、片方ずつふくらはぎをストレッチしていきます。
他にも、ヨガやピラティスは、筋肉をつけずにふくらはぎなどを痩せさせることができるエクササイズがあります。

 

 


関連ページ

ストレッチ
足ダイエットにおすすめのストレッチ法をご紹介します。
ながらでできる下半身痩せの方法とは?
ながらでできる下半身痩せの方法について解説します。
モデルが実践する足痩せ法
モデルが実践する足痩せダイエット法をご紹介します。